食事で乳腺炎予防!効果的な食べ物とは?

乳腺炎は、乳管が詰まって母乳の流れが悪くなり、

乳腺に母乳が溜まってしまうことで引き起こされます。

そしておっぱいにしこりが出来、強い痛みが出ます。

 

さらに悪化してしまうと発熱に至ってとても具合が悪くなってしまう場合もあります。

そうならない為には、乳腺炎の予防をすることが大切です。

予防をするには、毎日の食生活が、大きく影響してきます。

今回は、乳腺炎になりやすい食べ物と、

乳腺炎予防に効果のある食事・食べ物についてまとめていきます!

 

 

関連記事:授乳期間中、おっぱいにしこりが出来たらどうする?治す方法と対策!

 

  スポンサーリンク

 

乳腺炎になりやすい食べ物とは?

 

まずは、乳腺炎になりやすい食べ物から考えていきましょう。

乳腺炎になりやすい食べ物とは、

・脂っこいもの

(揚げ物、肉類)

・甘いもの

(チョコレート、ケーキ、スナック菓子等の洋菓子類)

・コレステロール値の高いもの

(チーズ等)

 

 

母乳は血液で出来ています。

脂や甘いもの、コレステロール値が高いものを食べすぎると、血液がドロドロになってしまうのはご存知でしょうか。

ドロドロした血液は、乳管でとどまります。一度乳管が詰まってしまうと、血液が流れていかなくなり、とどまった血液が乳腺炎を引き起こします。

つまり、血液をドロドロにしない食べ物を食べることが、一番の予防策なのです。

 

育児中はついつい甘いものや、揚げ物に手を出してしまいがち。

しかしこれらは、食べすぎると乳管を詰まらせます。

(私も甘いものを少し食べ過ぎると、すぐにしこりが出来ます><;)

 

では、血液をドロドロにしない食べ物とは何か、考えていきましょう。

 

  スポンサーリンク

 

効果的な食べ物とは?

 

乳腺炎予防に効果的な食べ物とは、

 

・野菜

・果物類

・米

・豆類

・魚

これらの食材です。

 

乳腺炎予防に効果的な食事はズバリ、健康的でバランスのとれた食事です!

調味料をあまり使わない、薄味の和食が理想的ですね。

a0002_011610

 

野菜や豆腐、ちくわ等が入った煮物や魚料理が中心だと、コレステロール値が低いので血液をサラサラにしてくれます。

 

育児のストレスから、味の濃い揚げ物や、お菓子を食べてしまいがちですが、少しずつ控えめにしていきましょう。

 

乳腺炎になりにくい食べ物

そうは言っても、おいしいものを食べたいですよね。

そんな時は、手作りで甘さを控えたおやつ作りをご提案します!

果物をたっぷり入れた寒天ゼリーや、フルーツヨーグルト、砂糖控えめのスムージーなど♪

verne-144644_1280

果物は水分も含まれているので、血液をサラサラにしてくれます。

水分不足は血液をドロドロにしてしまうので、ご法度です!しかし摂りすぎると、母乳を多く作られ過ぎてしまうので注意が必要です。)

揚げ物などの脂っこいものも、食べすぎはよくありませんが、少し食べる程度ならば大丈夫です。

おっぱいが張ってしまっていたり、しこりが出来ている場合は必ず控えましょう!

 

まとめ

乳腺炎予防に効果的な食べ物は、

・和食

・薄味の食事

・果物

・ゼリーやヨーグルト

・水分  等でした。

 

乳腺炎は、一度なってしまうとなかなか治らず、とても厄介なもの。

生活にも支障をきたす可能性が十分にあります。

なってしまう前に予防するのが一番の得策です!

 

今回ご紹介した和食中心の食べ物は、母乳の質も良くしてくれるので、赤ちゃんにとっても嬉しいもの。

是非この機会にもう一度、食生活を見直されてみてはいかがでしょうか?

 

関連記事:母乳育児のデメリット・メリット

 

  スポンサーリンク