産後の便秘はいつまで続く?原因と対策

妊娠中に便秘になることはあっても、産後に便秘になりやすいことはあまり知られていないようです。

なぜなら産後のお母さん方は赤ちゃんのお世話が忙しく、自分のことは二の次になってしまうため、

便秘を意識したり、治したりする時間があまりないからです。

ではなぜ、産後は便秘になりやすいのでしょうか?

その原因と、いつまで続くのか、また対策をまとめました。

  スポンサーリンク

 

産後の便秘の原因と対策

man-306190_640

4つの原因

1.授乳による水分不足

産後に便秘になってしまう一番の原因は授乳によるものです。

母乳の水分は、お母さんの身体の中の水分を集めたものです。

大腸の水分も奪われることになり、結果的に水分不足により便が固くなり、便秘を引き起こしてしまうのです。

 

2.睡眠不足

赤ちゃんの夜泣きや、夜間の授乳に起きることが何度もあり、大抵のお母さんは睡眠不足なのです。

睡眠不足になると、腸にも疲れが出てしまい、腸の運動も停滞してしまいます。

 

3.運動不足

赤ちゃんのお世話をする生活は、ほとんどの場合が運動不足になります。

外に出る機会が減りますし、外に出たとしても赤ちゃんを見ながらだと活発に動けません。

運動不足により、腹筋や大腸の運動を動かす筋肉が落ちてしまいます。

すると便意を感じ、いきんでも排便できなくなるのです。

 

4.トイレの我慢

産後は外陰部の傷や膣の状態が元に戻っていないために、あまり強くいきめません。

ですからトイレを我慢してしまうケースも少なくありません。

 

また、赤ちゃんのお世話や、あやしたり抱っこをしている最中だと、どうしてもトイレを我慢しなくてはならない場合もあります。

 

 

いつまで続く?

一概には言えませんが、授乳期間が終了すると便秘が解消される方が多いようです。

または子育てがひと段落し、お母さんが仕事復帰するなど、運動する機会が増える頃までには治るとされています。

 

そうは言っても、この期間がなかなか長いですよね・・・

次は、少しでも便秘を解消出来る方法をお伝えして行きます!^^

ball-1786430_640

 

便秘対策

1.水分を摂る

便秘は水分不足が一番の原因ですので、こまめに水分を摂ることが一番の対策です!

特におススメなのが、朝一番にお水を一杯飲むことです。

朝、活発でない腸に良い刺激を与えてくれます。

 

2.暖かくする・リラックスする

身体の冷えは、腸の動きを鈍くしてしまいます。

特に注意したいのが、足先です。足の冷えは全身の冷えに繋がりますので、足やお腹を暖めることを常に怠らないことです。

 

この他にも、ストレスも便秘の原因の一つだとされています。

子育てでストレスも溜まってしまうと思いますが、なるべくリラックスした気持ちで過ごしたいですね。

ご自身がリラックスできる香りの温かいお茶を飲むのが、ストレス解消にもなり一番効果的です。

 

tea-556777_640

3.食事内容を改善する

食事を変えれば便秘は改善されるといっても過言ではありません。

食べたものは本当に便の内容に直結します。

参考にお読みください。

↓ ↓ ↓

産後の便秘解消に効果のある食べ物は?

 

4.出しやすくする栄養サプリメント等に頼る

便秘になると、下剤を飲んで出そうとする人がいますが、おすすめできません。

なぜなら、腸の中の良い菌まで無理やり流してしまうからです。

腸の中には善玉菌と悪玉菌が住み着いています。

一時的に下剤で出しても腸内の環境が良くなったわけでないのです。

 

いかに善玉菌を増やすかが腸内の環境を整え、便秘を解消することに繋がります。

その善玉菌を増やすための乳酸菌のサプリメントや、

便を出すために必要な食物繊維のサプリメントなど、

世の中には便秘に効果のある様々なサプリメントがあります。

 

その中でも自然由来のものを選んで取り入れれば、

身体は良い方向に改善されていきます。

食事からとる以外にも様々な栄養が摂れるので、おすすめします。

↓ ↓ ↓

関連記事:乳酸菌を増やす”ケフィア”を作ってみた

 

最後に

産後の便秘についてまとめました。

産後の便秘は、子育ての悪循環からなってしまうものです。

この悪循環から抜け出すためにも、積極的に水分を摂ることを意識したり、運動することを心がけてください。

お子さんと一緒に運動するなら、ヨガや体操も良いですね。

 

中でも効果的なのは、

リラックスしながら温かいお茶を飲むこと、

足りない栄養素はサプリメント等で補うこと

ですので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

今すぐに出したい方はこちらをお読みください。

 

  スポンサーリンク