【危険】きついガードルで血行不良?身体に悪影響を及ぼすかも?!

2人の子どもを産んでお腹がぶよぶよになってしまったゆいまるです(*’ω’*)

 

産後、体型を元に戻すためにガードルを着用する方はいると思いますが、きついガードルを選んでしまったために

・血行不良になってしまったり、

・体調が悪くなってしまったり、苦しくてしょうがない、

・身体に悪影響を与えている気がする・・・

 

 

そんな感想をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

実際に、きついガードルを履き続けていると痩せるどころか身体に悪影響を与えます。

きついガードルを履き続けているとどうなってしまうのでしょうか?

また、きつくなく、体型戻しに効果的なガードルは存在するのでしょうか?

 

きついガードルで血行不良?!

きついガードルを履いていると静脈やリンパ管を圧迫して、下半身の血液や水分を溜めこんでしまいます。

 

その結果、

血行不良になったり、水分が外へ出ないためむくみが出来てしまったり、代謝が悪くなってしまいます。

 

また、

きついガードルは外側から腸も締め付けてしまいます。

腸を締め付けてしまうと、腸の動きが悪くなりますので便秘を引き起こします。

 

その他にも、

筋肉の運動を阻害したり、内臓(胃や肺、肝臓、腎臓等)にも大きく負担を掛けます。

 

呼吸機能の低下や消化不全、血行不良等に影響が及ぶと、病気にもなりかねません。

貧血、胃炎、胃下垂、月経困難症、無月経、ぜん息など‥

考えられる病気は数多くあります。

 

つまり、きついガードルは女性の大敵なのです!!

 

そもそも、一般的なガードルはきつく、締めるために作られています。

 

履いていると体型は補正されますが、脱いでしまえば元のぽっこりお腹のままで、自分の身体を元から変えてくれるものではありません。

 

あくまで洋服を着るときにお腹の脂肪を隠すものであって、

「体型をごまかすためのもの」と言ってしまって良いと思います。

ガードル

血行不良や体調不良を起こしてまで一生懸命体型をごまかすのはもうやめましょう(#^.^#)

 

どうせ続けるなら、

きつく締め付けないで、脂肪を落とすことが出来るガードル

選ぶことをおすすめします。

 

身体に悪影響を与えないガードル!?

きついガードルは女性の身体の負担を大きくしてしまうので絶対にNGです。

 

しかし、中には締め付けないタイプのガードルが存在することをご存知でしょうか?

 

おすすめしたいのが、締め付けるガードルとは違い、

締め付けずに脂肪を落とすことを目的とする」ガードルです。

 

トピナガードル

そのガードルとは???!

・・・・

下に詳細あります(/ω\)もう少しお付き合いください(笑)

 

身体を温めて痩せるガードル!?

このガードルは身体を締めることではなく、「身体を温めること」 を目的として作られているので、付けているととても温かく、苦しくありません。

 

身体を温めることで血行やリンパの流れを活発にし、代謝によって発汗を促してくれます。

 

そして体温が上がり、最も痩せやすい体温とされている36℃~37℃を常にキープすることができます。

 

一般的なガードルとは違い、日中だけでなく、24時間付け続けることで寝ているときにも効果を発揮します。

 

私も使ってます(/ω\)

 

な、なんと、今まで無かったくびれまで出来てしまいました!( ;∀;)

詳しい使っている様子はこちらにあります。

↓ ↓ ↓

トピナガードルを実際に使ってみたレビューはこちら

 

身体に悪影響のガードル まとめ

きついガードルを付け続けることの悪影響についてご理解いただけたでしょうか。

 

お腹周りをきつく締めることの悪影響は医学的にも証明されています。

 

もしも今付けているようでしたら中止されることをおすすめします!!

 

きついガードルで身体を壊してしまう前に、ガードルについてお悩みの方はガードルについてこの機会に見直してみると良いですね。

 

私はきつくない方のガードルを24時間付けていますが、苦しくなく、汗をかいても吸収する速乾素材なので快適。

 

なのに、腹囲が減って来ているのです!(≧▽≦)

 

その様子を画像付きでレビューしていますのでよろしければご覧ください!

↓ ↓ ↓

トピナガードルを実際に使ってみたレビューはこちら

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね^^