授乳中にしこりができる原因は?治す方法と対策!

授乳期間中に、おっぱいにしこりが出来ると、とっても痛いですよね。。

ちょっとおっぱいをあげる間隔があいてしまった時なんて、

すぐにおっぱいが張ってきて、

放置してしまうとやがてしこりになってしまいます。

このしこりですが、これは乳腺が詰まってできたしこりです。

a1nqipbifmk56cr1475808326

この段階では、まだ焦ることはありません。

なぜかというと、しこりが出来てもほとんどの場合はなくなるからです。

 

しかししこりが出来たときにすぐに処置せず、

放っておくと乳腺炎になってしまう恐れがあります。

乳腺炎になると、おっぱい自体に熱がたまります。

ひどくなると、お母さん自身に高熱が出て入院する場合もあります。

 

そうなる前に、必ず治してしまいましょう!

 

 

 

授乳中、おっぱいにしこりが出来る原因は?

そもそも、授乳期間中におっぱいにできるしこりとは、簡単に言うと

乳腺が詰まって、外に出られない母乳が集結したものとお考え下さい。

 

原因としては、

・食事内容

・ストレス

・疲労

が主な原因です。

ストレスや疲労がたまっている方は注意が必要です。

 

そして、乳腺炎には大きく分けて2つのタイプがあります

・急性うっ滞乳腺炎

・化膿性乳腺炎

普通にしこりが出来た程度であれば、

前者の急性うっ滞乳腺炎である可能性が高いです。

早めに対処すれば治ります。

 

血の混じった膿がでるなどの症状がある場合には、

後者の化膿性乳腺炎が疑われるので、すぐに産婦人科を受診しましょう。

 

おっぱいのしこりを治す方法と対策

治す方法としては、一番は「赤ちゃんに飲んでもらう事」です!

先ほどお伝えしたように、「しこりが出来た」程度なら、

その日のうちに治ってしまうことが多いです。

悪化しないうちに赤ちゃんに飲んでもらいましょう。

 

授乳でしこりをとるコツは、三つあります。

①しこりがある方のおっぱいを優先的に与える。

しこりが片側だけにあるのなら、チャンスです。

しこりがある方のおっぱいを優先的に与えましょう。

反対側のおっぱいの張りも気になってしまいますが、

今はとにかくしこりをとることが優先です。

 

②しこりを軽く押さえ、意識しながら授乳する。

コツは、しこりの部分を中心部に向けて軽く押さえることです。

この時に、しこりに詰まった母乳を赤ちゃんに飲ませ、しこりをとってもらうイメージです。

こうすることで、しこりにたまった母乳を優先的に出すことが出来ます。

 

③諦めずに回数を多く与える。

一回や二回の授乳では、おそらく治らないでしょう。

しかし諦めずに何度も飲ませることで、

だんだんと張りが取れ、おっぱいが軽くなってきます。

 

④自分の手で絞る

もしも両方のおっぱいにしこりがあった場合は、

赤ちゃんに飲ませた後、自分の手で絞ります。

ギューギュー強くやると痛いですが、少しでも出るよう頑張りましょう!

タオルにしみこませる程度では収まらないので、洗面所などで絞ると良いでしょう。

 

おっぱいにしこりが出来たら?まとめ

今回は、おっぱいにしこりが出来てまだ悪化した状態でない

急性うっ滞乳腺炎の治し方をお伝えしました。

一番大事なことは、早めに対処することです。

赤ちゃんに何度も飲ませたり、搾乳して頂ければ、一日、二日で治るでしょう。

しかしもし、数日間しこりがとれなかったり、熱が出てきたりした場合には、

産婦人科・助産院へ受診されることをお勧めします。

助産院へ行くと、助産師さんがマッサージしてくれたり、上手に絞り出してくれるようです。

 

もしも悪化して発熱してしまうと、痛いですし

赤ちゃんのお世話も出来なくて切ないですよね。

そうならない為にも、早めの対処を心がけてくださいね!

乳腺炎にならないための食事は?

↓ ↓ ↓

食事で乳腺炎予防!効果的な食べ物とは?