生活費をもっと安くしたい!【節約の裏ワザ!】

 

  スポンサーリンク

 

毎月かかる生活費が高くて、

家計が苦しい・・・

なんてことありませんか?

 

生活費は、削ろうと思えば削ることが出来ます。

ここでは

生活費をもっと安くする裏ワザを

ご紹介します!!

 

生活費をもっと安くしたい!節約の裏ワザは?

食費を抑える

まず、誰もが知っている・やっているであろう所から。

生活費の中で最も多いものは、

「食費」です。

食費だけで、毎月数万円はかかっていると思います。

食費にいかに掛けすぎないかがポイントで、

一番は外食を減らすことです。

 

外食では、1人1000円程してしまいます。

家族で行けば、何千円もの出費に。

自炊をすれば、家族で数百円で済ますことが出来ます。

 

しかし、

削りすぎで栄養不足になってしまっては

意味がありません。

削りすぎに注意です。

 

おすすめは

ホットプレートを使ってお食事をすること。

出来たて、焼き立てでおいしい

焼き肉やたこ焼き、お好み焼き、

お鍋、チーズフォンデュまでも楽しめるので

素敵なパーティーが開けます(^^♪

 

外食に行く日に、代わりに

自宅で好きなものを焼いて食べてみては?

 

スマホ代を節約

かなりおすすめなのが、格安SIM。

毎月かかるスマホ台を大幅に節約することが出来ます。

私は、1年に6万円も節約することに成功しました☆

 

夫も格安SIMなので、

二人でなんと、12万円もお得になっているのです!

格安SIMでも、通信の速さに問題はないし

電話代もキャリアと変わりありません。

通信速度に問題がない理由としては

どの格安SIMも、

AUやドコモ等の回線を使っているからです。

つまり、まったく差はありません。

だいたい、キャリアが高すぎるのです!(# ゚Д゚)

 

私は、UQmobileというものを使っていますが、

とても快適に過ごせています。

UQmobileは、AUの回線を使っているので

とても速いです。

(ドコモ回線は、今利用者が多すぎて遅いそうです。)

 

今は、ショップにわざわざ行って待たされなくても

ネットで申し込みをするだけで

端末も届くし、設定も自分で出来るし、

電話サポートも受けられるので

便利な時代だな~と思います。

格安スマホ 選べる機種

ネットでスマホが選べてしまいます。

しかも、

格安SIMはスマホの代金まで込みの

値段であることが多いです。

 

つまり、

分割で払い続けなくて良いのです。

毎月かかる料金は、これだけ。

UQmobile 料金

機種代込みで、月々1980円~って

もの凄く安いですよね!!

通信費は、食費と違って削って良いところ。

なるべく削っていきましょう。

 

管理人がUQモバイルを使用した感想

↓ ↓ ↓

格安スマホ【UQモバイル】の評判・口コミは悪い?!

 

保険を見直す

保険料も、毎月かかるものなので

なるべく削っていきたいところ。

 

実は、皆さんが今入っている保険は

最適でないことがほとんど。

大抵、払いすぎていたり

掛けて捨てるだけの保険だったり・・・。

保険て、使わないかぎりは

保険会社に大金を全て持っていかれています・・・。

 

なので、

必ず今の保険のままで良いのかを

見直してみましょう!

 

でも、保険て、

保険会社で働いた人でない限り

詳しくは分かりませんよね。

 

そこで、プロのファイナンシャルプランナー(FP)に

相談するのがおすすめ。

保険の見直し

FPは、保険会社に勤めているわけではないので

特定の保険会社から勧めるのでなく

様々な保険会社を比較し、その人やその家庭にあった

保険会社やプランを細かく教えてくれるので

一度は相談された方が良いです。

 

自分の入っている保険について良く知らないと

いざと言う時に使うことも出来ません。

FPは、

保険とは何か?から

上手な使い方まで、一つずつ教えてくれますよ^^

 

私も利用したことがあるので、

その感想を書いてみました♪

↓ ↓ ↓

素人が【保険相談】を利用してみた感想・口コミ

 

保険料が今よりも安くなれば、

家計も助かりますよね。

ぜひ、保険を見直して無駄なお金を省きましょう!

 

節約の裏ワザ 最後に

食費を減らす、交際費を減らす、趣味にかける費用を減らす、

おやつ・嗜好品を減らす、無駄遣いを減らす等

自分で減らせる分は減らします。

おやつ 節約

しかし、自分の好きなことに費やすお金を削るのは

生きていくうえで、味気なくなってしまいます。

 

となると、

いかに削れるところで削れるか。

この記事でおすすめしたような節約の仕方で

余分にかかっている費用を

減らしていけると良いですね^^

 

  スポンサーリンク