子育て・育児

オムツかぶれの予防策と治療・ケア

オムツかぶれかな?

と思ったら以下をチェックしてみてください。

  • お尻が赤くなる
  • 赤い湿疹ができる
  • 皮がむけてただれる

これらの症状がある場合は、オムツかぶれを起こしている可能性が高いです。

[ad]

 

オムツかぶれとは?

肛門の周辺が赤くなったり、腫れたり、ブツブツした湿疹が出ます。

悪化させると皮がむけてただれることも。

お尻をふくと赤ちゃんはとても痛がります。(´;ω;`)

 

baby-1262865_640

オムツかぶれの原因

 

赤ちゃんは頻繁におしっこ・ウンチをするので、オムツの中はとても蒸れやすいです。

その為、おしっこやウンチをするたびにオムツを替えないと、蒸れによる湿気で皮膚がふやけます。

さらにウンチの中の消化酵素や、おしっこの中のアンモニアが混ざり、炎症を起こします

特に下痢のウンチは刺激が強いので要注意です。

 

 

 

オムツかぶれにならないための予防策

 

オムツかぶれにならないためには、とにかくこまめにオムツを替えて

お尻が常に清潔で乾いた状態であることです。

お尻をふいた後や、おしっこで濡れている場合は、しっかりと乾かしてからオムツを履かせましょう。

 

ウンチをしたら、毎回お尻洗浄用のプラスチック容器(ウォシュレット)にぬるま湯を入れ、

お尻を洗い流してあげると効果的です。

 

 

 

オムツかぶれの治療とケア

 

もしもオムツかぶれを起こしてしまったら、とにかく清潔にします。

赤くなってしまった時点で、すぐにお風呂に入るなどしておしっこやウンチがついていない状態にします。

水分をふいたら、良く乾かしてから油分の多いワセリンなどの保湿剤を患部に塗り、保護します。

痛がるけれど、少し赤くなっている位の状態なら、こまめにシャワーをかけるなどすればすぐに良くなる場合が多いです。

しかし赤みや湿疹が広がっていたり、ただれている場合は、皮膚科を受診しましょう。

 

日の当たる暖かい場所でオムツを付けずにお尻を乾かしておくのが効果的、と言われています。

baby-784608_1280

 

 

治らない場合はカンジダ皮膚炎かも??

 

 

オムツかぶれ起こして皮膚が弱っていると、便の中のカンジダ菌(カビの一種)が弱った皮膚に感染します。

オムツかぶれと似ていますが、オムツが当たらない部分にまで広範囲で赤くなるのが特徴です。

 

こちらもオムツかぶれと同じで、対策は清潔と乾燥させることです。

おしっこで濡れたらすぐにオムツを替えます

お尻はぬるま湯で洗い、良く乾かしてからオムツをしましょう。

 

赤みが引かず、長引くようならカンジダ皮膚炎が疑われますので、皮膚科を受診することをおすすめします。

 

[ad]

 

最後に

もしもかぶれてしまっても、すぐに上記のような対処をすれば、早ければ2,3日で回復します。

赤ちゃんのオムツは、こまめに変え、洗って、とにかく清潔に保ちましょう!

それに尽きます。

今からでも遅くはありません。

ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

[ad]

 


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。