子育て・育児

育児ノイローゼになる前に妻が旦那さんにしてほしいこと

最近、子どもといるとイライラする。育児ノイローゼかな?

とお悩みの方は、下の項目がいくつ当てはまるかチェックしてみてください。

 

  1. 少しのことでイライラしてしまう
  2. すべてを放棄して逃げ出したくなる
  3. 完璧にこなしたいと思っている
  4. 自分だけが頑張っている
  5. 無気力状態である
  6. 人と会って会話をする機会がない
  7. 子どもをかわいいと思えない
  8. 拒食や過食気味である
  9. 突然涙が出てくる
  10. 寝つきが悪く、熟睡できない

 

以上の10項目のうち、3つ以上あてはまるものがあれば、注意が必要です。

実際2人の育児をしている私も3個あてはまるので|д゚)、

育児をしていると、1つ以上は恐らくあてはまると思います。

 

自分一人で悩んでいても解決できない場合が多いのです。

そこで、周りの人、特に旦那さんの協力が欠かせません。

 

では、旦那さんにどんなことをしてもらえたら、妻の育児ノイローゼを回避できるのでしょうか?

[ad]

1.妻の話を聞く

 

妻の育児に対する悩みや、日々の出来事、子どもの事などをゆっくりと聞くだけでいいのです。

女性は共感してほしい生き物と言われています。

特にアドバイスが欲しいわけではありません。

 

旦那さんがお仕事から疲れて帰ってくるのはよくわかります。

しかし外の世界から帰って来た旦那さんとは違い、ずっと閉鎖空間にいた妻は、身近な出来事を誰かに共感してほしいのです。

もしも旦那さんにも、友達等の周りの人に話が聞いてもらえなかったら。

言いたいことをため込んで、ストレスから育児ノイローゼとなってしまう危険があります。

 

 

だからこそ、旦那さんの理解がないと子育て期を乗り切ることは難しくなってしまいます。

もう一度言いますが、とにかく「話を聞いてあげてください!」

 

baby-17369_1280

 

 

 2.妻が一人でリラックス出来る時間を作る。

 

子どもを保育園等に預けているお母さん以外は、一日中常に子どもと一緒にいます。

いつも子どもにペースを合わせて生活しています。

自分のペースが作れないという事は、いくら子どもがかわいいからといえども、とても窮屈なことです。

そういうことからもストレスはどんどん溜まってしまいます。その結果、育児ノイローゼになりかねません。

 

では、どんな時に妻が一人になる時間を作れるでしょうか。

・お風呂に一人で入ってもらう。

・休日は一人で出かけてもらう。

等、一時間でもいいので1人になれる時間をどこかで作ると、育児ノイローゼになるリスクを減らすことが出来ます。

1人になれることで、子育てとのバランスをとれるようになります。

cold-1284030_1280

 

まとめ

妻が育児ノイローゼになってしまうと、妻だけでなく、子ども、そして旦那さん、家族が皆つらい思いをすることになってしまいます。

 

子育てを妻に任せてしまうのでなく、ぜひ旦那さんにも一緒になって子育てを楽しみ、共感できる夫婦の場があるといいですね。

[ad]


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。