子育て・育児

子供のほっぺ(頬)が赤い!乾燥をどうにかしたい方必見!

子どもの肌はとても敏感です。

特に冬。

周りの乾燥に合わせて肌も乾燥してきます。

 

 特にほっぺ(頬)は、直接外気に触れる場所なので

乾燥しやすいのです。

乾燥がひどくなると、ほっぺがひび割れたり、

赤切れたりする事もあります・・・。

 

すぐに保湿した方が良いのは明確ですが、

どのクリームを塗ったら良いのか、悩みますよね。

子どものほっぺ 保湿

大人用の保湿剤は、アルコールが入っていたり、

成分が合わなくて余計に荒れてしまう可能性もあります。

なので、保湿剤選びには慎重になりましょう。

ここでは、子どもへの保湿についてまとめました。

 

子供のほっぺ(頬)が赤い!乾燥をどうにかしたい!

まず知っておきたいことは、

こどもの肌は 大人よりもずっと薄いということです。

その上、

大人よりも水分を蓄えにくいこともあって、

すぐに乾燥してしまうのです。

 

そんなわけですから、

大人以上に保湿してあげることが必要です。

 

保湿は毎日

乾燥する前に保湿をすることで、

肌トラブルを防ぐことが出来ます。

 

また、

毎日保湿を続けることで、

乾燥に負けない丈夫な肌を育てることが出来ます。

子ども 乾燥

丈夫な肌作りは、

その子の将来の肌の強さにも関わってきますので

乾燥していてもいなくても、

毎日保湿をすることが大切なのです。

 

保湿剤を選ぶポイント

子どもの肌はとても敏感。

ですので、

成分の強い大人用の保湿剤でなく、

赤ちゃんや子ども用の優しい成分のものを選びましょう。

 

保湿剤を選ぶポイントとしては、

〇低刺激のもの

〇ナチュラルな成分のもの

〇十分に潤うもの

 

これらにあてはまるものを塗ると

子どもは肌トラブルを起こしにくいので

安心して保湿できます。

 

おススメの保湿剤

では、どの保湿剤が良いのでしょうか。

私は、子どもの肌の感想が酷かったので

しっかりと保湿され、カサカサに効果のある

市販の子ども用の乳液やローションを探していました。

 

一通り購入して、試してみましたが

どれもあまり保湿効果が無く、

結局カサカサは解消されませんでした。

悩んでいたところ、

ネットで見つけたのが以下の保湿剤です。

 

 「潤静」

潤静

新生児の赤ちゃんから塗っても良いほど、

成分が優しいローション、「潤静」。

 

一度塗ると、塗りなおさなくても

95%もの水分を長時間保持してくれます。

 

肌の内部で潤いが保たれているのです♪

塗りなおさなくても良いのがうれしいです^^

 

私の子どもにも毎日塗っていますが、

今まで結構な乾燥肌だったのが、数日間塗り続けた結果

乾燥しなくなりました!

さすがにこの効果には驚きました(◎_◎;)!

始めは、そんなに潤ってない??と思いきや、

全然そんなことはないのです!

 

私が潤静を購入してから使った様子をお読みください^^

↓ ↓ ↓

【潤静】の効果は?成分はアトピーにもOK?

 

 「水の彩」

水の彩

こちらはジェルタイプの保湿剤です。

私が実際に自分の子どもに使って、

特に良かったのが 「水の彩」。

 

水の彩はもちろん ノンオイル・無香料・無着色・無添加。

ジェルなので見た目は 「サラサラしすぎかな?」と感じますが

手に取ってみると案外弾力があり、モチモチしていますから

しっかりと保湿出来ます。

 

顔だけでなく、 子どもの全身の保湿はこれ一本でOK。

しかも、お値段もお求めやすいので、ぜひお試しください♪

 

私が実際に使った様子

↓ ↓ ↓

 「水の彩」実際に使ったレビュー。結果は・・?

 

 

 


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。