お金の節約

大学へ行く子どもにかかる費用は?貯金は?

子どもが大人になるまでの間、

いつが最も貯金が出来やすい時期かご存知ですか?

 

実は、保育園に入園する前の育児中が、

一番貯金が出来るのです。

 

 

「子どもが生まれてお金がかかる時期なんじゃない?」

 

とお思いになる方もいらっしゃるかもしれませんが、

毎月まとまった額(数万円)を支払うことがそれほどないので、

意外と出費はありません。

 

ですから、

保育園・幼稚園に入園する前の時期が一番の貯め時なのです!

 

[ad]

 

月額で必要なお金が増えてくる!

 

「一人の子どもが生まれてから大人になるまでに約二千万円必要だ」

という話はよく聞きますよね。

 

この二千万円のうちのほとんどが、大学へ行く費用。

その次が高校・中学へ通う費用、習い事等…と、

毎年・毎月の出費

子どもが大きくなるにつれ掛かってきます。

 

保育園へ入園すると、

月ごとの保育料数万円も、

毎月必ず払わなければなりません。

 

つまり月額で必要なお金が増えていけば当然、

貯金に充てられるお金が減っていきます。

 

だから保育園に行くまでが、

一番お金を使わなくてもよい時期です。

2642-12745437615w13

子ども手当は減っていく!

 

それに加え、子ども手当ては、子どもが大きくなるにつれ減っていきます

子どもが生まれてすぐが

一番子ども手当を頂けているのです。

 

出費が増えていくのに手当が減っていく理由としては、

子どもの手が離れ、

お母さんが働きに出られるようになるからでしょう。

 

保育園へ通い出すと保育料が結構掛かってきますので、

仕事に出るお母さんが多いと思います。

 

この時、パートで働いて、月に数万円稼いだとしても、

そのほとんどは保育料に消えていってしまいます

 

入園前、生活するのにお金に割と余裕があり、「意外と大丈夫♪」

と思って、たくさん消費をしてしまうと、

後で苦しくなってしまいかねません(+_+)

 

大学へ行く子どもにかかる費用は?

一人の子どもが大学に入学する時点で、

400万円以上の貯金が必要であるというデータが出ています。

 

つまり、大学へ行く子どもにかかる費用は、

最低でも

一人につき400万円なので、

二人いるお家は800万円、

三人いる家は1200万円を、

同時に貯めていかなければなりません。

 

塾や習い事に行かせながら貯めなければならないとなると、

結構な額ですよね。。

 

ですので今からコツコツと、

育児中の貯金できるときに貯めていくことをおススメします!

 

保険を見直ししてみる

子どものために教育の費用を溜めることが出来るのが

「学資保険」。

 

この学資保険は、

貯めた分以上に、将来返ってくることが多いのですが

保険会社によっては

全然、利率が違うので

今の保険は、損をしている可能性が高いです。

 

それに、他の医療保険や生命保険なども

本当に合っている、

無駄のないものでしょうか?

 

保険によっては、もっと安く出来るものもあるし、

払った分だけ将来、返ってくる保険もあります。

 

保険は高いものですので

誰でも一度は、見直した方が良いです。

 

今よりいい保証で、もっと保険料が安くなったら

それだけお金も貯めることが出来ますよね^^

 

プロの方に相談すると

一人一人に合った

最適な保険を見つけてくれますよ^^

 

節約の意味でも、

ぜひ、保険を見直ししてみられることを

おすすめします!

 

きっと、世界が変わることでしょう^^

 

保険の無料相談をした感想です♪

↓ ↓ ↓

素人が無料の保険相談をしてみた感想。

 

 


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

[ad]

ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。
産後ガードルを検討中なら!