おすすめ記事一覧
子育て・育児

褒める子育てのデメリットや弊害はあるの?【元保育士監修】

ゆいまる
ゆいまる
元保育士で2児のママのゆいまるです!

「褒めて育てることは良い!」

とは思いつつも、なぜ褒めることが良いのかが分かっていないと子どもにとって良い成長に繋がらない場合があります。

褒める子育てのやり方を間違えると、弊害を生む可能性もあります。

どうしたら”効果的にほめる”ことが出来るのでしょうか?





スポンサーリンク

褒める子育てのデメリットや弊害はあるの?

子どもは、褒められるととても喜びますね。

褒められることで「もっと頑張ろう!」と向上心に繋がります。

しかし、褒められるばかりだと「褒められることが当たり前」になります。

褒められることが当たり前になる

褒められることが当たり前になっている子どもは、褒められることに慣れすぎていて、褒められる喜びを感じにくくなっているんです。

そういう子どもは「自分は何をやっても良いんだ!」と思う傾向があり、善悪の区別がつかなくなることがあります。

本当に褒めたい「ここぞ」という時に取って置いた方が、褒めることは効果的に。

たまにほめかれるからこそ、

「〇〇をしたからほめられたんだ!」と実感が湧きます。

結果ばかりを気にするようになる

・運動会のかけっこで1位だった
・クラスで一番〇〇だった
・テストで良い点を取った

こういう時は、「1位だね!すごい!」と褒めたくなりますが、それだと「1位以外はダメ」と子どもが思うきっかけを生むことにもなります。

結果ばかり気にするようになり、1位を取れなくなってくると挫折したり、「自分はダメだ」なんて悲観するようになる子もいます。

結果よりも【頑張った過程】を褒めて欲しいです。

「いっぱい頑張っていてすごかったよ」

「毎日たくさん勉強してたもんね」

このように、今の結果でなく過程を褒めることで、「ちゃんと見ていてくれる安心感」を生みます。

「毎日頑張っていてえらいね」と褒められる子供は「よし、また明日も頑張るぞ」と次への意欲が湧くのです。

また、頑張っていることを認められ、自信もついていきます




スポンサーリンク

出来た、出来ないよりも努力したことをほめる

人間は、つい見た目で分かりやすい

「~が出来た、~が出来なかった」という事に目を向けがちです。

大人から「~が出来たね」とほめられている子どもは、

大きくなっても出来る・出来ないにこだわるようになります。

 

出来るから良い・自分は出来ないからダメと、

自分自身や、他人をそこだけで判断するようになります。

 

そういうほめ方よりも、

努力したり、頑張ろうとしたことについてほめた方が、自分や他人を見る目が変わってきます。

出来る・出来ないでなく、
努力したり、頑張ろうとしたことについてほめる

褒めるだけの子育てでなく、メリハリを!

本当に良いことをしたとき・頑張ったときは大げさに褒めるくらいでもOK。

でも褒められるばかりでなく、叱られたり、メリハリを持った子育てをしてほしいと思います。

褒める子育てのデメリットや弊害はあるの?

褒める子育てのデメリットや弊害はあるの?まとめ

今回ご紹介したように声掛け・ほめ方ひとつで子どもの成長は大きく左右されているのです。

あと、誤解してほしくないのですが、褒めているだけでいいというわけではありません。

メリハリをもって叱ることも重要です。

叱り方については

叱らない子育てを実際にやってみた結果とは?

を見て頂きたいと思います。

子どもの成長に必要な声掛け・ほめ方・叱り方とは何か。

常に模索しながら大人も子どもと一緒に成長していきます。

その子の成長に合わせた声掛けを見つけられると良いですね。





スポンサーリンク

ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。
産後ガードルを検討中なら!