おすすめ記事一覧
子育て・育児

子どもが薬を飲まない・吐き出す!?上手く飲む方法があったよ♪

子どもは、飲み薬を嫌がります。

特に、1歳・2歳・3歳・4歳頃の子どもは

嫌だと抵抗することが出来るので、断固として飲まない場合があります。

 

もしくは、せっかく飲んでも

味がまずいと、オエっと吐き出してしまうことも。

 

吐き気がある場合も同様に吐いてしまいます。

これでは、効き目がないのでは?と心配になりますよね。

 

ここでは、そんなお悩みを解決できる方法をお伝えして行きます。





スポンサーリンク

子どもが薬を飲まない・吐き出す!上手く飲む方法は?

薬を飲まない子ども

断固として薬を拒否する子、多いです。

それは薬の味が嫌だからこその反応。

特に抗生物質が入っているお薬は苦くて飲みにくいものです。

 

しかし、

薬ですので飲まないわけにはいきません。

その理由をありのままに話します。

なぜ薬を飲むのか?を説明する

ただ、「薬飲むよ」と言われても、

なぜ飲まなければならないのか?

しっかりと理解していない子もいます。

 

「これを飲むと身体の病気が治って、また元気に遊べるんだよ」と必ず説明しましょう。

年齢が上がるにつれ理解出来るようになり、ちゃんと飲めるようになります。

 

これで飲める子は少なめの量のお水に薬を溶かして飲ませましょう

飲めたら「えらいね。これで病気が治るね」

一言言ってあげると、次も頑張る気になります。

 

お水とこねて飲む

「粉薬を口に入れ、水で流す」という飲み方に苦手さを感じる子どもが多いです。

そんな子供には、「薬を最初にお皿に出し、水を2,3滴垂らしてこねる」方法が良いです。

こうすると、小さな団子状になり、子どもが口にしやすくなります。

ゆいまる
ゆいまる
うちの子どもたちは、この方法だときちんと薬を飲めます

ただ、お水の量が少しでも多いとこの方法は使えなくなります。

1滴ずつスプーンで垂らしながらこねましょう。

薬を食べ物に混ぜる

どうしてもお水で飲まない子には食べ物に混ぜると、物によっては簡単に飲むことが出来るようになります。

 

「食べ物に混ぜると薬の効果が無くなる」

と耳にすることもありますが、

飲まないよりは、食べ物に混ぜてでも飲んだ方が良いです。

その子によって、飲みやすいものが違うので色々やって試してみましょう。

薬を混ぜるのに飲みやすい食材一例

・ゼリー(薬局などに売っている薬を飲むためのもの)

ゼリー 薬

これが一番おすすめ。

薬の味を隠し、飲みやすくしてくれます。
 

薬局に行く時間が無く、果物ゼリーなどが家にある方は、

良くつぶして上の図のように隠せば代用できると思います。

・オリゴ糖

オリゴ糖 薬

オリゴ糖は甘いので、薬の味を消してくれ、

かなりの子どもが飲むようになります。

 

しかも少量で薬と混ざり、こねるとまとまるのでスプーン1杯で簡単に飲み終わってしまいます^^

こちらはおすすめです♪

 

ちなみに、はちみつは薬と味の相性がイマイチでした|д゚)

なので、オリゴ糖がいいですね!

・練乳

練乳 薬

乳製品(ヨーグルト、練乳、アイスなど)と混ぜると効果が薄くなると耳にするので、

こちらは最終手段として。

(お医者さんによっては大丈夫!と言う方もいます)

 

大抵、子ども用の薬はイチゴ等の味が付いているので練乳と良く合います。

こねるとまとまるので飲みやすさは抜群。





スポンサーリンク

吐き出してしまう子の場合

・薬がまずくて吐き出す子、

・具合が悪くて嘔吐してしまう子。

 

この場合、

せっかくお薬を飲んでもすぐに吐いてしまっては効果が無いような気がしますよね。

 

結論を言うと、

すぐに吐いてしまったらお薬が身体に吸収されないので効果がありません。

 

目安としては

30分以内に吐き出したら効果が無いのでもう一度飲ませましょう。

 

もう一度、

初めの飲ませ方とは別の方法で(他の食材に混ぜるなど)飲ませましょう。

 

ただ、吐いた後すぐに飲ませてもまた吐いてしまう可能性があるので少し時間をおいてから飲ませてみてくださいね。

 

もし、薬を飲んでから30分以上経って吐いてしまった場合は、次の薬の時間まで待って大丈夫でしょう。





スポンサーリンク

子どもが薬を飲まない・吐き出す!上手く飲む方法まとめ

薬を飲んで治してほしいのに、飲まない時の対処法をお伝えしました。

 

言って聞かせられれば一番良いのですがまだ小さい子どもなのでそうもいきません。

 

そんな時は、

色々と工夫をして飲ませることで薬に対する苦手意識も薄れていきます。

どの方法であれ、薬を飲んだら「これで元気になれるね」と言ってあげると回復の希望が持てます。

 

また、元気になってきたら

「次はお水で薬を飲んでみる?」

提案してみても良いですね。

 

ご苦労ですが、色々と試してみて、楽しく薬と付き合っていけると良いですね!

 

関連記事:

子どもが熱を出してしまった時に、必ず必要な対処法とは?

子どもが熱を出したとき・咳、鼻水が止まらないときの対処法

その他の育児に関する話題はこちら

TOPページへ戻る

ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。
産後ガードルを検討中なら!