レビュー

napnapとエルゴベビーの徹底比較!保育士おすすめはどっち?

元保育士で、二児のママのゆいまるです(*’ω’*)

 

napnapとエルゴベビーは、似ているようですが、

少しずつ違うところがあります。

一番大きく違うのは価格。

 

napnapはお手頃価格なのに対し、

エルゴベビーはおよそ二倍の値段がします。

 

なぜこんなにも値段に差があるのでしょうか?

それ程、エルゴベビーに価値があるという事なのでしょうか?

napnapはその分劣っているのでしょうか?

 

疑問に感じたので調べてみました。

 

napnapとエルゴベビーの比較

一番、定番であるベーシックなタイプを比べます。

商品名 ナップナップBASIC エルゴベビーORIGINAL
画像
価格 9,050円(税込) 18,360円~19,980円(税込)
フード あり 取り外し可能 あり  取り外し不可
重さ 620g(さらに軽いタイプも有) 800g
月齢 だっこ:首すわり(4ヶ月)~24ヶ月(約13kg)

おんぶ:首すわり(4ヶ月)~36ヶ月(約15kg)

だっこ:乳児期4カ月から24カ月

(体重12.2Kg)

おんぶ:6カ月から36カ月

(体重15Kg)まで

(SGマーク制度の適用対象外なら、

4ヶ月から体重20Kgまで)

材質 裏地:綿100%

メッシュ:ポリエステル

本体 :内生地・外生地:綿100%

ウエストベルト:ポリエステル100%

付属品 キャリーポーチ・スリーピングフード・日本語

説明書

ベビーキャリア・ベビーウエストベルト・ベビーキャリア保証カード・取扱説明書
ウエスト

サイズ

61~109cm 63~135cm
安全性 SGマーク合格 SGマーク合格
ベビー

ベルト

ポケット
装着時 日本人の体型にフィットする 肩や横幅がごつく見える

napnapとエルゴベビーの違い

この表で見てみると、様々な違いが見えてきました。

まず、重さが620gと800g。

 

ナップナップの方が軽く、

エルゴは見た目通り重たいです。

 

エルゴベビーはその分大きめに作られていて、肩や腰のベルトが厚いです。

丈夫なのでしょうが、この辺がエルゴだとごつく見えてしまう理由です。 

使える月齢はそれほど変わりません。

 

エルゴはSGマーク適用外でしたら20キロまで良いようですが、

抱っこひもは壊れなくても、身体や腰が痛くなりそう・・・(^-^;

 

子どもが3、4歳以上の大きくなっても抱っこする予定がある方向けに。

機能面

どちらもポケットが付いていますが、

ナップナップの方がポケットが大きく開くので

夏の暑い日は保冷材を入れて赤ちゃんのために涼しくしても良い。

 

オムツや財布など様々なものを入れれば、

ちょっとした散歩や買い物などは

手ぶらでお出かけが出来てしまいます!

 

あと、エルゴにはない機能ですが、

ナップナップはこの画像のように使わない時に抱っこひもを

まとめておけるのも、見た目が良いし両手が空くので便利です。

材質

エルゴの材質は、ほとんどが綿です。

一方ナップナップは

フードや内側にメッシュを多く使用しています。

赤ちゃんの背中に当たる部分がとても薄いので

熱がこもらないのです!

抱っこひもは、お母さんと赤ちゃんの両方の熱がこもりやすく

赤ちゃんは熱い思いをしがちなのですが、

薄いメッシュを使用しているのは大正解だと思います。

 

夏など、熱がこもりやすい時期には

上の画像のように全面メッシュに切り替えることもできます。

 

ナップナップは本当に様々な機能があり、

細かい所までよく考えられているなあ~と思います。

お母さんの、「あったらいいな」を実現してくれていることに感心します。

 

安全性

安全を保証するマーク、SGマークはどちらにもついていますので、安全性は保障されています。

しかし、2016年。お母さんが抱っこをしたまま前かがみになり、赤ちゃんがエルゴから落下してしまったニュースが話題となりました。
それ以来エルゴは赤ちゃんにもベルトを付けるよう、日本限定で改良をしました。

そこでついた機能がこちら。

これ、デザインがちょっと・・・w

安全の為なら仕方ありませんが・・・

以前のデザインと比べると残念な気がしてなりません( ;∀;)

 

安全性でも、ナップナップは内側に落下防止ベストがあるためOK。

更にこのベストはおんぶの時にとても役に立ちます。

おんぶのやり方について エルゴとの比較

 

この機能があることでとてもおんぶがしやすいので、ナップナップはおすすめです。

価格

価格は、

エルゴが18,360円~19,980円(税込)です。

一方、ナップナップは9,050円(税込)なので

エルゴの約半額の値段で購入できます。

 

エルゴは何故こんなに高いのでしょうか?

その理由はエルゴと言うブランドだから

 

ヴィトンが高いのと同じ理由ですね。

ネームバリューです。

 

そこまでブランドにこだわらず、

機能重視の方やスタイリッシュに見せたい方には

ナップナップの方がおすすめです。

 

正直、

今の時代にわざわざエルゴを選ぶメリットは

あまりないのではないでしょうか?

napnap(ナップナップ)とエルゴベビー、おすすめはどっち?

エルゴはごつく見えてしまいますが、

エルゴは海外の大きい人のために作られた抱っこひも、

ナップナップは日本人に合わせた抱っこひもなので、

そもそも大きさが違うのです。

 

海外では大人が大きいですよね。

ですので必然的に子どもも大きくなっています。

 

大きな子どもや赤ちゃんをしっかり抱っこするためにエルゴは作られているので、

「日本の子ども用にわざわざエルゴを使う必要はないのかな」、と言うのが正直な感想です。
私もエルゴを使っていた時期がありましたが、私は肩幅が狭く小さめな体型なので、

エルゴは大きすぎて使いづらかったです。

すぐに使わなくなってしまいました・・・。

 

ですが、

・肩幅が広い

・大きな体形の方

・BIGなお子さんに使用したい

という事であれば、エルゴを選ぶことをおすすめします。

元保育士おすすめはナップナップ!

小柄な日本人向けの抱っこひもは、だんぜんナップナップ!

と言うことをお伝えしてきました。

 

しかし、今現在もエルゴばかり売れていますよね?

それがなぜかというと、一昔前、肩だけで支える抱っこひもしかなかったのです。

 

その時に、

「腰ベルトが付いて疲れにくい抱っこひもが出たぞ!(゚Д゚)ノ」

 

ということで評判になり、エルゴが爆発的に売れました。

が、

今は日本人向けに腰ベルトが付いた抱っこひもがいくつも開発されているので、

そこまでエルゴにこだわる必要はありません。

 

実は日本製の抱っこひもの方が華奢な日本人には合っているのです。

特にエルゴを推す理由が無くなってきています。

 

その日本製の抱っこひもの中でもこのnapnapは、一番多機能でコスパが良いと思います。

ですので、私は断然、ナップナップをおすすめします。

 

もっと子育てを楽にしたいと考えている方には、

機能重視のナップナップをおすすめします。

また、

公式ショップなら安心して保証も受けられます。

↓ ↓ ↓
【napnap 抱っこひも】公式オンラインショップはこちら

関連記事:

ナップナップの口コミ・レビュー

 

ナップナップを超お得に購入する方法

 

ナップナップのもっと軽いバージョン情報☆

軽い・たためるのに疲れない抱っこ紐は?


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。