おすすめ記事一覧
産後のトラブル

妊娠線が消えない!消す・薄くする方法はあるの?

妊娠線は、

妊娠・出産した女性なら

誰でも出来てしまう可能性があります。

 

できる数も人によって違います。

数本だけと言う人や

おなかやお尻、太ももなどに

全体にできてしまう人もいます。

関連記事:

妊娠線予防って意味ないの?効果なし?体験ブログ

 

妊娠線は

完全には消すことが難しいもの。

 

ただ、

軽いものであるのなら

産後にきちんとケアをしていくと

薄く、見えないようにすることはできます。

 

もちろん個人差はあるので

薄くなる程度については、人それぞれです。

 

でも、

何もしないでいるよりも

早めに行動した方が、

妊娠線を消す・薄くすることが

可能になります!

 

妊娠線が消えない!消す・薄くする方法

保湿する

お肌にとって、やはり乾燥大敵。

 

乾燥を防止し、保湿することで

妊娠線を薄くすることが可能です。

 

妊娠線予防にも保湿が必須でしたが、

妊娠線を消すときにも保湿が必要なのです!

 

クリームは保湿と油分をほどよく合わせてあるので、

長時間乾燥せず、保湿効果も高いです。

保湿のためにクリームを毎日塗り込んでいきましょう。

 

塗るタイミングとしては、

お風呂上りに塗るとなじみやすくなり効果的です。

 

更に、

アロマオイル等でマッサージをして

浸透しやすくなった直後に

クリームを塗り込めば、

効果がさらにアップします(^^♪

 

おすすめのクリームは?

妊娠線が出来てしまった後にもおすすめなのが、

AFCのマタニティークリーム。

色々なクリームを見てきましたが、

このクリームが一番、

妊娠線が出来てしまった後のことも考えて

作られています。

 

AFCのマタニティクリームには

“葉酸”配合されています。

 

「葉酸は飲む栄養なのに、なぜ?!」

と思いますが、

葉酸は体に塗ることで、

代謝や血行促進などの効果が期待できるそうです。

その結果、

出来てしまった妊娠線に塗り続けることで

薄くする・消すことが可能になるのです。

 

AFCマタニティークリームについて

↓ ↓ ↓

マタニティクリームは妊娠線が出来ない?使った口コミ!画像有

血行を良くすることの利点は

次に書きます。

 

身体を温かくする

身体を温かくすると、血行が良くなり、

新陳代謝が活発になります。

 

朝、昼、晩のご飯はしっかりと摂り

規則正しい食生活を送ることは

血を巡らせることにもなります。

 

温かい飲み物も効果があります。

白湯を一杯飲むことで血行が良くなりますし、

生姜、ココア、お茶なども体を温めてくれます。

 

お風呂にも毎日浸かることをおすすめします。

お風呂上りに

クリームを塗りながら妊娠線が出来た場所に

マッサージを行いましょう。

半身浴も血流がよくなるので

積極的にやってみてくださいね。

 

プラセンタを摂取

プラセンタには

細胞分裂を活性化する成分が含まれているのです。

妊娠線の亀裂を修復・再生を手助けしてくれます。

また、

メラミンを抑える働きもあるので

正中線の黒ずみも消すのに効果的です。

 

プラセンタ入りのクリームは?

↓ ↓ ↓

ピュアメイジングの効果は意外?実際に使ってみた口コミ【画像あり】

 

適度な運動をする

新陳代謝のアップには、運動が欠かせません。

ウォーキングやヨガ・ストレッチなど

取り込みやすいものからスタートしましょう。

自宅に居ながら、TVを見ながらでも

これらの運動ならできますね。

 

レーザー治療

どうしても妊娠線が気になる方は、

レーザー照射することによって、

目立たなくすることも可能です。

美容整形外科に相談するのも一つの手。

 

ですが、

保険が利かないものが多いので高いですし、

一度ではなく長期にわたる場合がありますので

あまりおすすめはしませんが、

どうしても消したい方向けに。

 

 妊娠線を消す・薄くする方法 最後に

出来てしまった妊娠線を消すには

・血行を良くすること、

・クリームを塗り続けることです。

 

それも、ただのクリームでなく

専用のクリームを塗ることです。

 

出来てしまった妊娠線に塗り続けることで

薄くする・消すことが可能になるのです。

 

妊娠線は消えないと言って諦めず、

出来ることから挑戦していきましょう!

 

AFCマタニティークリームについて

↓ ↓ ↓

マタニティクリームは妊娠線が出来ない?使った口コミ!画像有

ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。
産後ガードルを検討中なら!