肌トラブル

乳酸菌と美肌の関係とは?

「乳酸菌」と聞くと、まず思い浮かぶ効果は

「便秘や下痢に効果がある」というもので、

”美肌に関係がある”ことはあまり知られていないのではないでしょうか?

ここでは、乳酸菌と美肌の関係について解説していきます。

 

乳酸菌と美肌の関係

まず、腸には、栄養を吸収する働きがあります。

どんなに食事に気を使っていても、腸が健康でなければ

食べ物を消化吸収せずに、通過してしまうのです。

 

それと同時に、身体に必要のないカスや

老廃物を体の外に排出する働きもあります。

 

もしも腸の機能が弱っていたのなら、

せっかく食べた栄養が吸収されにくかったり、

老廃物や毒素が体の中に溜まり、

肌も活力がなくなってしまいます。

その結果、

ハリやつやのないたるんだ肌になってしまうのです。

また、腸には免疫細胞の70%が集まっています。

体の中に入れたくない病原菌などは腸で排除され、

病気にならないようにしています。

免疫力が下がると、吹き出物や肌荒れなどを起こします。

 

更に免疫力低下は、

風邪をひきやすい、花粉症などのアレルギーがひどくなる、

貧血などの症状も引き起こします。

そのため、乳酸菌をしっかりととって、

腸をきれいにしておくことがとても大切なのです。

 

他にもある!乳酸菌の効果

腸を強化することで、栄養の吸収が良くなると

体の中の栄養素のバランスが正常になます。

すると、歯が丈夫になったり虫歯になりにくくなります。

更に乳酸菌は、腸粘膜を作る働きもあるのです。

健康な腸粘膜は必要なものだけ吸収するようになっています。

腸粘膜が弱くなると、良いものも悪いものも通り抜けてしまうので

食物アレルギーを引き起こしてしまうのです。

食物アレルギーの原因の一つに

腸粘膜のバリア機能の低下があります。

つまり乳酸菌を摂れば、アレルギーを改善できることにも繋がります。

 

他にも

乳酸菌により善玉菌が増え、腸内環境が良くなると

腸内細菌が幸せな気分ややる気をもたらす、

ドーパミンやセロトニンなどの脳内ホルモン物質を合成する働きがあります。

という事は、乳酸菌をとって善玉菌が増えると脳内ホルモンが増え、

精神的に安定し、前向きな気持ちになれます。

腸内環境を整えることは、

心と体の両方の健康を作ることになるという事です。

 

腸がきれいな人は長生きする傾向にあります。

内視鏡で見ても健康な人はピンク色でつやのある腸だそうです。

何より、腸がきれいな人は肌もきれいになるので、

「腸美人=肌美人」なのです。

大切なのは、

・善玉菌を増やし、腸を健康にすること

・そのためには乳酸菌をたくさんとること

です。

 

乳酸菌を摂る方法や、腸をきれいにする方法の記事はこちら。

↓ ↓ ↓

腸をきれいにする「腸活」の方法を知る!

 

 


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。