子育て・育児

保育士が教える、子育てでイライラしてしまうのはなぜ?解決策あり

このページを見てくださっているという事は、あなたも少なからず育児を大変だと感じているのでしょう。

私も元保育士ですが、二児の子育てをしてきたからこそ分かることがあります。

 

ここでは、「子育てでイライラしてしまう本当の理由」を考えてみましょう。

子育てでイライラしてしまうのはなぜ?本当の理由

「子育ては大変」と言いますが、そもそも何が大変なのでしょうか?

日々のお世話自体が大変なのでしょうか?

 

それもありますが、その他にも理由があります。

 

原因:達成感が得られないことでイライラを感じる

もちろん子どものお世話は大変です。

・夜中も起こされ、まとまって寝てくれない

・家を汚す

・いうことを聞いてくれない

などなど、挙げ出したらキリがないくらい。

 

でも、子育てで一番大変だ・イライラすると感じるのは、

「思った通りに行動できないもどかしさ」から来る感情なのです。

 

子どもが生まれる前は、自分が「こうしよう」と思ったことはすぐに行動することが出来ました。

 

ごみを拾う”という事を例に例えてみます。

子どもが生まれる前は、部屋にごみが落ちていたらすぐにしゃがんで拾うことができました。

すると、やり遂げたことに対する達成感が得られ、ストレスは感じません。

 

一方、子どもが生まれてからはどうでしょうか。

もしも子どもを抱っこしていたら、ゴミを一つ拾うにしても、しゃがめなかったり、子どもを下す時に泣かれてしまったり、すぐに達成できない、なんてことが小さな小さなストレスに感じます。

 

トイレに行くにも、「今行っても子どもが泣かないかな?」と心配したり、いなくなると泣かれたり、トイレの中までついてきたりしますね。

 

このように、子どもが生まれてからは

自分の思うように欲求を達成できる時間が限りなく少なくなっているのです。

 

ご飯も自分のタイミングで食べるのは一切ストレスが掛りませんが、

子どもがこぼしながら、手で食べたり洋服に塗りつけたり、途中で飽きて走り回ろうとしたりするのを注意しながら食べるのは、それこそストレスだらけ。

 

自分一人で思うように行動するのと、行動しようと思っても途中で子どもに阻まれるのでは、ストレスの差がとても大きいのです。

その状態が一日中。

 

小さなことですが、これらが集まり、達成感不足となるのが子育てのイライラの原因なのです。

 

自分一人の時間が欲しくなるのは、子どもと離れたいのではなく、自分が一人で思ったように行動し、達成感を得たいからなのです。

なので、「自分の時間が欲しい」と思うことは当たり前なのです。

「私は一人でいたいって思うなんて、親失格かな・・・」なんて思う必要は全くありません!

 

 

解決策1:周りに認めてもらう機会をたくさん作る

では、解決のために必要なことは何でしょうか?

gift-553149_1280

お母さんは家で、一人で子育てをする時間が増えます。

 

社会の中で人と関わったりすることも一気に減ります。

目に見えて結果がでにくい育児・家事をしていても、自分を認めてもらえる機会があまりありません。

 

すると、達成感が得られ無くなります。

(だからこそ、インスタグラム等で認めてもらう機会を得ようと、育児について投稿する女性は多いですよね)

 

つまり、家で子育てしている女性が、認めてもらう・感謝されることが大事です。

それには、旦那さんや他の家族の協力が必要!!

 

まずは一番身近な旦那さんが、小さいことにも「ありがとう」という所から始まるのです。

 

一般的に旦那さんは、「子育て中は家に居られていいね」なんて言うかもしれません。

(言わなくても思っているかも(^-^;)

 

もちろん旦那さんもお仕事が大変です。

でも、女性は子育ての大変さも理解し、共感してほしいものです。

「子どもの面倒見るの、大変だね」

「おいしいご飯をいつもありがとう」

そんな言葉を掛けてくれるだけで、子育て中の女性は心が救われます。

共感してくれるだけでいいのです。

 

中にはあまり褒めるのが上手じゃない男性もいます。

しかし、思っているだけでは伝わらないので、声に出して、ほめてもらうようになると良いですね。

 

解決策2:一人の時間を作る。

”子育てでイライラする原因”でもお伝えしたとおり、子育ては自分の時間が持知にくいので

「自分の時間が欲しい」と思うことは当たり前なのです。

 

自分一人の時間が欲しくなるのは、子どもと離れたいのではなく、自分が一人で思ったように行動し、達成感を得たいから。

 

なので、少しの間でいいから、出かけたり、1人の時間が出来たら心が救われます。

一人で出かけて帰ってきたら、いつもより子どもに対して余裕を持てますし、イライラすることも減るでしょう。

 

一人で出かけるためには、旦那さんの協力が必須。

買い物でもお茶でも、「一人で行っておいで~」と送り出してくれることが一番の理想。

 

小さなストレスが積み重なり、大きなストレスや産後うつにならないためにも、旦那さんの理解と協力は、絶対に欠かせません。

特に産後はホルモンのバランスが崩れていてイライラしやすく、デリケートです。

 

お互いの状態や大変さを理解しながら、思いやっていくのが一番大切なのではないでしょうか。

 


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。