子育て・育児

公園に行くと子供が帰りたがらない!保育士が教える魔法の言葉掛け

ゆいまる
ゆいまる
元保育士で2児のママのゆいまるです!

子供を遊びに連れていくと、必ずと言っても良いほど直面するのが「帰りたくない!!泣」という状況。

親は他のこともしなければならないのになかなかこちらのタイミングで帰ってはくれない、それが子供(笑)

ここでは、どうしても帰りたがらなかった、保育園のたくさんの子どもたちのとのやり取り元に

こんな言葉掛けをすれば、嘘みたいに帰ってくれる」というのを知ってもらいたいと思います!


スポンサーリンク

公園で子供が帰りたがらない原因

tulipanes

子供は一人で遊びの区切りを付けられない

子どもは一度遊びに夢中になってしまうと、”区切りを付ける”という事が苦手なのです。

その為、今やっている遊びに飽きてしまうまでは、次の行動に移ることが難しいのです。

子どもが小さいうちは大人が遊びの区切りを付けてあげることで、すんなりと次の行動に移ることが出来るようになります。

 

では、どんな言葉がけをすれば、遊びに区切りを付けることが出来るようになるのでしょうか?


スポンサーリンク

子供に遊びの区切りをつけさせる言葉掛け

1、「あと〇回やったらおしまいね」等、終わりを伝える。

子どもが分かりやすいよう、今している遊びに沿った終わりを伝えます。

例)

・滑り台等をしている最中だったら…

「あと3回やったらお家へ帰ろう。」と終わりを示す。このとき、一緒に数えながらあと何回か、確認するのがポイント!

終わったら「楽しかったね、またやろう」と次への楽しみも伝える。

</p></div>

<div class=”simple-box1″><p>・おままごとをしていたら…

「今作っているご飯を食べたらお家へ帰ろう。」このとき、一緒に食べて「ごちそうさま!」と一度遊びを終わらせるのがポイント。

終わったら「美味しかったね、また作ろう」と次への楽しみも伝える。</p></div>

2、帰った後の楽しみを伝える。

皆さん、帰るときにマイナスの声掛けをしていませんか?

「早く帰らないとおいていくよ!」

「鬼に連れていかれるよ」

このようなマイナスな声掛けばかりだと、帰ることがどんどん嫌になってしまいます。

これをプラスの声掛けに変えてみましょう。

例)<div class=”simple-box1″><p>

「お家に帰ったらおいしいご飯食べよう」

「今度はお家で○○して遊ぼう!」</p></div>

等、その子の好きなことに合わせて、楽しみが持てる声掛けをします。

マイナスな声掛けをなるべくしないことがポイントです。


スポンサーリンク

3、よーいドン!で楽しみに変える

お決まりのパターンですが…(笑)

子供は「競争」「よーいドン!」が大好き。

「帰る」という、子どもにとって嫌なことも遊びに変えることで、楽しく帰ることが出来ます。

familia-1340246961rl3

どうしても帰らないときはこの言葉が一番効果的で、魔法の言葉と言えるでしょう。

あまりにも使いすぎると効果がなくなるので、ここぞというときに。(笑)

子供が公園で帰りたがらない!まとめ

ここでお話ししたことをまとめます。

小さな子供は、遊びの区切りを自分で付けることが苦手。

なので、親が遊びの区切りを付けてあげると効果的。

このように、遊びの内容ごとに終わりを示すことで、子どもは遊びに区切りを付けられるようになります。

子供はとにかく公園で遊ぶのが一番大好き!その「公園で遊ぶこと」を止める、というのは子供にとって、本当につらいこと。

帰りたがらないのも無理ありません。

なので、なるべく楽しく帰る方法をとれば、子どもにとってはHAPPYに帰れるようになります。

中には、

「自分で区切りを付けられるようになってほしい」

「帰りたくないと言われるから、外へ遊びに行けない」

と思うお母さんもいると思います。でも大丈夫。

このような「帰りたくないけど帰らなくっちゃいけない」という体験をたくさん積んでいくことで、だんだんと成長するにつれ、自分で遊びの区切りを付けられるようになります。

なので、今はとにかく

何でもたくさん経験させてあげましょう!

最初のうちは大変ですが、公園にたくさん行って、経験させてあげてくださいね。

 

あの手この手で色々な声掛けをしてみて、その子に合う魔法の声掛けを探して行けるといいですね。

保育士が教えるイヤイヤ期の対応!人格形成に大きく関わる重要事項元保育士で、2児ママのゆいまるです(*'ω'*) 2歳や3歳になるとどの子どもにも必ず、イヤイヤ期は訪れます。 子ど...

その他の育児に関する話題はこちら

TOPページへ戻る

ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。
産後ガードルを検討中なら!