肌トラブル

顔のたるみを改善する方法

フェイスラインのたるみは年を重ねるごとに進行しています。

加齢からくる肌内のコラーゲンの減少や紫外線のダメージ、

表情筋の衰え、胃腸機能の低下等、

様々な要素がたるみの原因になるのです。

 

一般的にたるみは

・頬

・口元(口角が下がる、ほうれい線が出来る)

・目元(目尻が下がる、目の下にくぼみ、目の下に膨らみ目が小さくなった等)

・あご周り(首が太くなった、あごと首の境がはっきりしない等)

に出やすくなっています。

では、顔のたるみを改善するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

顔のたるみの改善方法

 

表情筋を鍛える

年齢が若くても表情が乏しければたるみはやってきます。

しかし、

表情筋を鍛えることでたるみが改善されるのです。

 

表情筋を良く動かしていると

その振動で顔のリンパも良く流れるようになるので

余分な水分や老廃物がリンパによって掃除され、

肌にハリが戻ってきます。

 

マッサージをする

マッサージは表情筋に刺激を与えるためとても有効です。

耳の裏のリンパ節の流れが滞ると、頬の集辺がたるんでしまいます。

そこでマッサージをするとリンパの流れが良くなり、

老廃物が排出されるので肌が引き締まり、健康になります。

 

マッサージ方法

1.●の部分を軽くたたいてパッティングする。

2.手のひらを使って中央から外側に向かって

リンパを流すようにマッサージをする。

 

また、ハリを与えるマッサージ器も

手軽に行えるエステの一つです。

 

腸を健康にする

お腹が健康でなく、腸の機能が弱っている人は

特に肌がたるみやすくなっています。

 

腸には必要な栄養素を体内に取り込み、

いらないカスや老廃物を外へ排出する機能があります。

 

・下痢―腸が過敏になっている

・便秘―腸の動きが低下

・ストレス―腸に負担がかかる

等が当てはまる方は要注意です。

 

腸の機能の低下によって

栄養が体内に吸収されにくくなったり、

老廃物が体内に溜まってしまい、肌も活力が失せてしまいます。

その結果、ハリとつやのないたるんだ肌になってしまいます。

 

腸を健康にすることで驚くほど肌の弾力が出て来ることがあります。

まずは腸の健康を手に入れることから始めましょう。

↓ ↓ ↓

腸内環境を良くする乳酸菌とは?

 

栄養を摂る

腸内環境は栄養を摂ることでも改善されます。

オレンジなどの柑橘類

消化を高めて胃腸を元気にし、肌にハリを作ります。

納豆、ヨーグルト、キムチ等も同様の効果が期待できます。

その他にも海藻類、イチゴ、キウイ、ジャガイモなども効果的です。

 

サプリメントで効果があるのはビタミンC配合のものです。

一日に必要な栄養がまんべんなく摂れない方は

ビタミンCを中心とした総合的なサプリメントに頼ると大変効果的です。

↓ ↓ ↓

ビタミンC配合のおすすめサプリメントの口コミ

 

最後に

顔のたるみを改善する方法をお伝えしました。

年齢とともに顔のたるみが出てきてしまうのは仕方がありません。

しかし、気づいたときにすぐに対処すればたるみの

スピードを減らすことが出来ます。

きちんと顔のケアをし、

栄養をとっていれば肌年齢を若返らせることも可能なのです。

また、うるおいを与える化粧水を使うことも効果的です。

↓ ↓ ↓

年齢肌におすすめの化粧水は?

 

自分の肌に合う方法をいち早く見つけ、

たるみのケアをしていきましょう!

 


ABOUT ME
元保育士ゆいまる
元保育士のゆいまるです。 出産後や、育児中のママ・お母さん方のお悩みを解決したいと思っています。 1人で悩んでいるお母さんの心の負担を少しでも軽くしたい。子育てのお悩みや、産後の身体のトラブルが解決できるよう、私の子育ての経験や、元保育士としての経験を、このページで公開していきます。